学校教育目標



○ 学 校 教 育 目 標

よく考えて実行する杉本小の子
 『自ら本気になって考える学習ができ、喜んで新しいものを創り出すと共に、よいこ
  とを進んで実行する能力をもつ子ども』に育てる。    

思いやりのある杉本小の子
『誰とでも仲良くでき、互いに相手の気持ちを尊重し合う、思いやりのある子ども』  に育てる。

健康でたくましい杉本小の子
『自ら進んで、心身の健康安全を考え、元気な体でがんばりぬく子ども』に育てる。

 ・ 知育的側面  自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断・行動し、よりよく問題を
            解決する力。

 ・ 徳育的側面  自ら律しつつ、他人と協調し、他人を思いやる心や感動する心などを備えた豊かな
            人間性。

 ・ 体育的側面  たくましく生きるための健康や体力。

【○本 年 度 の 学 校 経 営 方 針 及 び 具 体 的 な 取 り 組 み 】

◆ 教育活動

 ・ 学校教育目標を念頭に置き、日常の教育活動の中に生かす。
 ・ 学校の自己評価、自己点検を推進し、学校関係者評価を導入する。
 ・ 思いやりや感動する心など豊かな心の醸成に努めたり、心と体の育成を推進する。
 ・ 基礎的基本的な学習の定着のため毎日の授業を充実させ成果の累積に努める。  
 ・ 担任は、一人ひとりの学習態度や自己教育力の育成を図りつつ、子どもとの人間的
   なふれあいを大切にし、学年、学級経営に努める。

◆ 児童指導

 ・年間を通して命・心・公共物を大切にする指導に努める。
 ・日常生活の中できちんと挨拶ができるように指導する。           
 ・いじめ不登校の早期発見及び正義をいき渡らせるため、全職員で連携を密にする。

◆研究・研修

 ・ 校内研究全体会、児童理解研修等の実施回数を確保する。
 ・ 先進校の研究発表への積極的な参加と長期休業中の市等の研修講座に参加する。
 ・ 校内研全体会及び研究発表会の授業公開を通して質の高い授業に取り組む。

◆ 教育環境
 ・ 校舎内外の施設、備品の点検及び整備の充実を図り、子ども達の安全確保に努める。
 ・ 社会情勢をふまえ、子どもたちの日常的な安全確保と安全に対する認識を育む。
 ・ 自然環境や地域の積極的活用
1年 昔遊び 2年 サツマイモ作り 3年 大豆・豆腐作り
4年 目久尻川清掃(蛍) 5年 稲 作   6年 外国文化

◆ 家庭・地域との連携

 ・ PTAと職員の意思疎通を図る。(学校行事・ふれあい広場等の活動を通して)
 ・ 外部の教育力の積極的な活用を進める。(ゲストティーチャー・学校支援ボランティア)
 ・ 地域教育懇談会を実施する。
 ・ 学校便り、学年便り、学級便り、ホームページ
 ・ 家庭への協力を通して「早寝・早起き・朝ご飯」を推進する。

◆健康・安全・学校事故防止の徹底

 ・ 事故の要因となる学校環境や児童の行動を速やかに除去する。
 ・ 報告、連絡、相談を重視し職員間相互の連絡体制を整える。
 ・ 頭部及び顔面のけがについては、特に慎重に対応し医師の判断に委ねる。
 ・ 防犯、不審者対策(安全監視員の設置・防犯カメラ活用・下校時の安全パトロール)
 ・ 健康観察を徹底する。
 ・ 給食指導を通して食育教育を実施する。
 ・ 清掃活動を子どもと共に行い働くことの重要性を体験を通して行動化する。



○ 本年度の指導の重点

◆ 「あいさつをきちんとする」ことを本年度の指導の重点とする 


 学校紹介のページへもどる