正門を入ると、杉本小学校のシンボルである

大きなオオガシの木が出迎えてくれます。

毎日、子供たちを静かに迎え、静かに見送ってくれています。

どんな日でも子供たちのことを見守ってくれています。

大きく・・・大きく・・・丈夫でたくましく・・・

やさしく・・・思いやりのある・・・

この木のように・・・。と
 



三枚のオオガシの葉の上に、三本のペンを合わせ、そのうえに校名の「杉本」を浮かびあがらせたものである。

三本のペンは、知育・徳育・体育を象徴し、三枚のオオガシの葉は学校の三つの教育目標である
『真理を愛し、身心共に健康で、調和のとれた子供に育てる』

児童の三つの目標である
『よく考えて実行する杉本の子、健康でたくましい杉本の子、思いやりのある杉本の子』

を表わし、二つを合わせて情操教育を表わしたものである。
昭和57年8月31日 制定
<創案者>飯田貞治郎(杉本小学校 初代校長)





作詞:小島 喜一
作曲:曽我 晃也
1. 冬でも葉が照る
   風にも負けない
   この杉本の
   希望にもえる
   心もからだも
   日本の未来へ  

2. 祖先のねがいが
   南へひらいた
   この杉本の
   深める知恵と
   命のふれあう
   世界のだれとも  
樫の木は
強い幹
まなびやに
若みどり
たくましく
のびよう われら

はたらきが
広い道
まなびやに
思いやり
よろこびを
歌おう われら




  1年 2年 3年 4年 5年 6年 特学
55 51 44 43 59 49 11 301
40 50 49 38 38 53 1 268
95 101 93 81 97 102 12 569
学級数 3 3 3 3 3 3 2 20

令和2年4月現在