平成20年6月号

 先日の秋葉原での殺傷事件を聞いて身震いがした。肥大した社会への憎しみが、
無差別にしかも手当たり次第に刃物で人を殺傷する行為になって表出することは、
「キレル」に象徴されるように、何時どこで起こってもおかしくない時代になったことを
物語っているように思う。
 このことは、耐えることや我慢することもなく、好き放題に身勝手な行動に走って
しまう子どもたちが、予備軍となる社会を物語っているのだろうか。自分の存在を
この様な残虐な行為によってしか表現できなかったとしたら、とても悲しいことである。
 親の一人として、幼少期からの親の愛情や家庭生活にその根元がなかったか
気になるところである。愛されて、認められて、存在そのものを受け入れられて
人は穏やかになれるのだと思う。人との「つながり方」について、家庭・学校・地域は
益々連携を深めていかなければならないと感じた。

全校遠足に行きました

 5月23日(金)に、1年生から6年生までが8人ほどのグループを作って、8時35分に
1班が校庭を出発していきました。最後の60班が出発するまでには15分くらいかかり
ました。途中10カ所で保護者の方が立哨してくださいました。
 10時頃にはグループごとに座間谷戸山公園に着き、確認のチェックをしました。その後、
班ごとにポイントラリーを始めました。ポイントは12カ所用意しました。職員と保護者が
各ポイントにつき、問題を用意して、チェックしていきました。
 11時には全部の班が「野鳥のはらっぱ」に集合し、この後はクラスの時間となり、
各クラスで用意した活動に移りました。昼食もクラス単位でとりました。
 1時過ぎには、「野鳥のはらっぱ」に集まり、再び班ごとに帰路につきました。1年生から
6年生までの縦割りのグループのため、上級生が下級生の世話をする姿があちこちで
みられました。
 とてもあつかったので、水筒の飲み物がとてもありがたかったと思います。1年生は
全員歩いて帰ることができました。多くの方の協力のおかげで全校遠足を終えることが
できました。ありがとうございました。

読書好き、集まれ!

 5月27日(火)昼休みに体育館で「わくわくお話会」が開催されました。1年生を中心にして
100人くらいの児童が集まりました。お話を聞く前に、みんなが集中するために手遊びを
しました。ステージの上に大きな本を立てて、上手にお話をしてくださいました。子どもたちも
とても集中して聞いていました。
 また、6月12日(木)には図書室で、「おはなしたまてばこ」が行われました。2校時は1年生、
3校時は2年生を対象にお話をしていただきました。図書室の机を廊下に出して、学年全体で
聞くことができました。
 このように、お話を聞く楽しさを知ることは、子どもたちにとってはとてもよい体験になります。
そして、より多くの子どもが読書好きになってほしいものです。

自転車に乗る人、注目

6月1日に道路交通法が改正されました。小学生に関係のあることをお知らせします。
自転車に乗るときの注意です。


1.普通自転車が歩道を通行してよい場面
 ◎道路標識で指定された場合
 ◎運転者が児童、幼児の場合
 ◎車道または交通の状況からみてやむを得ない場合

2.乗車用ヘルメットの着用
児童または幼児を保護する責任のあるものは、
児童または幼児を自転車に乗車させるときは、
乗車用ヘルメットをかぶらせるように
つとめなければなりません。


(財)全日本交通安全協会のホームページから
                        転載許可を受けた絵です。

きれいな花いっぱい

 校門を入って正面の「おおがし」のまわりと校門の東側の花壇にたくさんの花が
咲いています。6月7日の土曜参観日を前にPTAの環境厚生委員の方が一日
がかりで植え替えをしてくださいました。花に囲まれた学校は気持ちを穏やかに
してくれます。いろいろな種類の花が咲いています。花の特徴を見て回るのも
楽しいと思います。また、職員玄関の横の花壇もきれいですよ。
 また、栽培委員会の5、6年生が毎朝、この花に水をやってくれています。
多くの人の協力できれいな花が育っています。

授業参観を終えて

 6月7日(土)の授業参観へは多くの保護者の皆様がきてくださいました。午前中から
一日の参観となり、いろいろな教科の学習をごらんいただけたことと思います。教科に
よっても子どもたちの様子は違う面があると思います。得意な教科での学習状況からは
子どもたちのすばらしい面を見つけることができると思います。また、苦手な教科があれば、
励ましの言葉をかけてください。教室や廊下に掲示したり、展示してある作品についても
ご家庭で話題にしていただき、がんばっている面を認めてください。


おたよりメニューへ