平成20年7月号

 はじめての田植え

 7月1日(火)校門前のたんぼで5年生が田植えをしました。
 毎年、5年生の取り組みで稲作を実施しています。今年も学校の近くにお住まいの
神守さんにご指導をしていただきました。6月下旬に「田おこし」をし、その後水を入れ、
「しろかき」をしてくださいました。
 このように準備していただいたところで、5年生が1校時と2校時を使って20人ずつ
くらいが一列になって田植えを行いました。たんぼにはいることが初めての児童がほと
んどだと思います。ロープにつけた目印を目標にし苗を2〜3本ずつ植えていきました。
 この日は学校の近くにお住まいの東海林さんや安全監視員さん地域の方がお手伝い
してくださいました。東海林さんや地域の方々は田植えをした後も水の管理等、見守って
くださいます。
 この稲が秋には収穫できる予定です。これから少しずつ育っていく稲を見守ってください。
また、たんぼのまわりの水路にはホタルの幼虫が生息しています。成虫になって光を放つ
ホタルが見られることと思います。

野外教育活動

 6月15日(日)から17日(火)までの2泊3日で5年生が野外教育活動をしてきました。
山梨県の精進湖の近くにある「富士ふれあいの森」という施設を利用した体験活動です。
 活動内容としては、1日目に開村式、オリエンテーリング、野外炊事、キャンプファイヤー。
2日目にカヌー・カヤック・いかだ遊び・クラフト作り、温泉入浴、ナイトウォークラリー。
3日目は片づけ、閉村式、散策を行いました。
 普段経験することができない体験をしてきて、一日一日子どもたちは成長してきたようです。

☆演 劇 鑑 賞 会☆

 6月20日(金)3校時と4校時に体育館で演劇鑑賞会を行いました。今年は劇団風の子に
お願いして「おさな星のうたたね」という演劇を全校児童が鑑賞しました。
 当日は朝7時から劇団の方たちが体育館で舞台の設営行いました。体育館のフロアーに
舞台を作り、その舞台を囲む形で児童がすわりました。

 氷魔王ヒョウヒョウの魔力で、氷玉にされようとしている“おさな星”
 氷にとじこめられてしまった太陽の子“カガヤキ”は知っていた
 魔力をとかすことができるのは“ゆめみるひとのこ”だってこと
 「おかあさんのこもりうた」だってこと
 妖精の谷に逃げ込んでいた雪小人たちにも言い伝えられていた
 “ゆめみるひとのこ”をさがせと
 子どもは誰も気づいていない
 子どもにはゆめみる力があるってこと
 ゆめには魔力をとかす力があるってこと
 
(「おさな星のうたたね」のパンフレットより)

 この演劇を見終えた児童が教室に向かうときの表情はとても満足していました。体育館の
出口に劇団の人たちがたっていましたが、多くの児童が劇団の人たちと笑顔でハイタッチを
していきました。とてもすばらしい経験ができたと思います。

【サツマイモを植えました】

 6月11日(水)2年生がサツマイモの苗を植えました。
 杉本小学校のプールの南側にある畑を借りて、2年生がサツマイモの苗を植えました。これは
海老名市の農政課から紹介があり、田野口さんのご指導をいただき、全員で一本一本植えました。
 このときまでに田野口さんが畑を耕し、うねを造り、すぐに植えられるように準備してくださいました。
2年生は成長を見守りながら、秋には収穫できることを楽しみにしています。

被害にあわないために!

 一学期には痴漢等の被害が海老名市内でもありました。被害にあわないようにするために
エレベーターを利用するときと駐車場・駐輪場で気をつけることを警察の方から聞きましたのでお知らせします。

【エレベーター】   
●ドアの側で、操作盤に手が届位置に立ちましょう。
●後ろから急に抱きつかれたりされないように、エレベーターの中の様子が見える向きに体を向けましょう。
●途中で人が乗ってきて怖い雰囲気を感じたときは、できるだけ二人きりにならず、すぐに降りましょう。
 もし、被害にあったり、被害に遭いそうになったときにはすぐに110番通報をしてほしいとのことです。
 少しで も早いほうがいいそうです。


【駐車場・駐輪場】
 駐輪場では後ろから抱きつかれる危険性があります。また、駐車場では急にドアが開いて
 車の中に引っ張り込まれてしまう危険性があります。
●自転車を置く前に周りを見わたして安全確認をする。
●駐車場で遊ばない。
●危険な目にあったら、大きな声で助けを呼ぶ。

夏休みに向けて

 1学期の学習ももうすぐ終わり、いよいよ夏休みです。1年生が学校で育てていた鉢植えの
朝顔は家庭に持ち帰ります。このように、学校で取り組んでいたものを家庭で取り組むものが
各学年であることと思います。命を大切にすること、自分の安全にも気をつけること、ご家庭
でもこの夏休みを有意義に活用してください。


おたよりメニューへ