平成22年6月号

全校遠足に行ってきました

 5月21日(金)、県立谷戸山公園に全校で遠足に行きました。行き帰りとポイントラリーは各班1年生から6年生までが一緒になり8から9人ずつのグループで行動しました。各ポイントでは保護者の皆様がいろいろなクイズなどを準備してくださいました。ポイントラリーでは上級生の歩き方が速すぎて下級生が苦労した場面もありましたが、縦割りグループでのよい経験になったと思います。
 晴天に恵まれましたが、歩くには暑すぎるくらいでした。そんな中、上級生は下級生を気遣いながら行動していました。昼食後はクラス単位で活動する時間になり、それぞれが工夫を凝らした内容になりました。
 上級生にとっても、下級生にとっても実り多い行事になったことと思います。
 保護者の皆様には行き帰りのポイントでの立哨をお手伝いしていただきました。おかげさまで無事に帰ってくることができました。

国際理解教室(6年生)

 5月25日(火)の5校時と6校時に6年生が国際理解についての学習をしました。NPO法人「ワールド・ビジョン・ジャパン」の八鍬さんが来校し、世界各地での子どもたちの生活について映像を使って紹介してくださいました。恵まれない生活をしている子どもたちに、私たちは何ができるかということなどを考えることができました。古着を送ったり、募金をすることなどが意見として出ました。グループで積極的に話し合ったり、発言した様子について、八鍬さんはとても感心していました。6年生に聞いたところ、昨年母親を亡くし、父親とは会ったことがないアデリアちゃんが一人暮らしで苦労していることが印象に残ったようです。

田植え(5年生)

 6月3日(木)の1校時と2校時を使って、校門前のたんぼで5年生が田植えをしました。
5月19日に苗を購入し、玄関前で大きく育ててきました。昨年度PTA副会長の山アさんにご支援をいただき、田おこし、しろかきが終わりました。田植えをするときには、地域にお住まいの東海林さんのご指導を受け、一列に並んで田植えを行いました。足を動かすのがとても大変でしたが、ころぶこともなく上手に植えることができました。保護者の方もお手伝いに来てくださいました。

10月から11月にかけて収穫する予定です。収穫したもち米は「ふれあい広場」で餅つきをして、全校児童に配る予定です。

野外教育活動に向けて(5年生)

 6月6日(日)から8日(火)にかけて、5年生が「富士ふれあいの森」に野外教育活動に行きます。そこでのプログラムとして、キャンプファイヤーが予定されています。そのために歌やゲームなどを2クラス合同で練習しています。また、2日目には探検や湖でのカヤック・カヌー、焼き板体験などがあります。次第に雰囲気が盛り上がってきているようです。楽しい野外教育活動になってほしいですね。

登下校の安全

 1年生の下校時刻にあわせて、地域の防犯パトロールの皆さんが学校まで迎えに来てくださっています。多くの方々のご協力で安全な登下校ができています。

おたよりメニューへ