海老名市立杉本小学校                                  平成25年11月14日
 学 校 便 り 	校長 神崎 直敏
	 233−6451
 

 


 修学旅行の日からもう一ケ月が過ぎてしまいました。時の流れの速さを感じています。子ど

もたちの心の中にはたくさんの思い出が刻まれていることと思います。

卒業を目の前にした三学期の六年生や卒業した中学生以上の人たちに、六年間の長い小学

校生活の中で最も思い出に残っているものは何かを聞くと、多くの人がこの修学旅行をあ

げます。

長い六年間の小学校生活の中で、思い出の深い経験が修学旅行であるとしたら、修学旅行

の持つ意義はとても大切なものと思います。

日本の伝統文化の粋を集めて建築された東照宮や様々な彫刻、湯滝や戦場が原などの自然

の美しさから受ける感動、友だちと寝食を共にした宿での生活、一泊二日の中に凝縮され

た様々な体験が子どもたちの一生の思い出になると思います。

この思い出も大切にしつつ、立ち止まることなく学んできたことが活かせるよう、新たな

目標をもって欲しいと思います。修学旅行はじめ様々な取り組みが学年に応じて実施され

てきています。子どもたちが更に大きく成長できるよう、教師一人ひとりが子どもたちへ

の働きかけを工夫しつつ、二学期の後半に向けてスパートしていきたいと思います。これ

からも保護者の皆様のご協力、よろしくお願いいたします。

 DSC00021

 実りの秋 

10/28 将棋クラブに北浜八段が講師  10/28 “5年生音楽朝会”   10/31 “2年生いもほり”

としてこられました時間を忘れ楽  八木節・地球に星歌を披露して 地域の方に協力いただきほることがで

しいひとときを過ごしました。    くれました。         きました。

杉本小の校内研究について

 

今日、全国のほとんどの学校で、「校内研究」という取り組みが実施されています。校内研究は、その

学校が目標とする子どもの姿をテーマとして掲げ、その実現に向けて、教師の個々の授業力や教育集

団としての指導体制といったものを高めていくことを目的としています。そして、その方法として、

多くの場合、同じ学年を担当する教師がチームを組んで、教材研究に取り組み、指導計画を立てて、

研究授業を実施します。そして、その授業を学校中の教師が参観に行きます。(お子さんから、「今日

の授業は、先生がいっぱい見に来た。」なんて話を聞いたことがあるのではないでしょうか。それが研

究授業です。)放課後には、協議会を持ち、授業の展開や教材の解釈について意見を出し合い、子ども

の力を伸ばしていくにはどうしたらよいか討議をします。

 

 杉本小学校では、校内研究のテーマを「互いに学び合い、考えを高め合う子の育成」とし、さらに、

サブテーマを「伝え合う場面を生かす算数の授業づくりを通して」と設定して、研究に取り組んでい

ます。

 算数というと、正しい答えは一つ・・・というイメージがありますが、答えを導き出すためには、何通

りもの過程があることがあります。

例えば、今年6月の6年生の研究授業では、点対称な図形のかき方について――まず自分でかいてみる。

その後、3人グループでそれぞれのかき方を伝え合う。最後に、クラス全体で発表し合い、どの方法が

より正確に、いつでも使える方法か話し合うという展開の授業が提案されました。また、11月に行わ

れた3年生の研究授業では、教師の「1.8のいろいろな表し方を考えよう」という発問を受け、子ど

も達から「1と0.8を合わせた数」「2より0.2小さい数」「0.1を18こ集めた数」といった考えが、

数直線や図・言葉など様々な表現方法を使って出されました。

 

 いずれの授業でも、子ども達は、自分一人では思いつかなかったような方法や発想を知り、見方が広が

ったり、新しいことに気づいたりしていました。教師が、始めから“決まっていること(知識)”として

単に伝達するのではなく、子ども達が、お互いの考えを出し合い、模索しながらよりよい解決方法を身に

つけていくこと。そして、そのための表現力や話を聞く力といったコミュニケーション能力を高めていく

ことが、わたしたちの願いです。

 「先生の話を聞くだけの授業よりも、みんなの考えを聞いて話し合う授業の方が楽しい。」――子ど

も達にそう思ってもらえたら、うれしいです。

校内研究推進部長 佐藤 哲也

  

ふれあい広場  平成25年11月16日(土)

当日は午前中授業(3校時授業参観)、午後からは「ふれあい広場」が開かれます。

PTAの役員の皆様・青少年指導委員の方々・お楽しみ隊・地域の方々による楽しい企画が用意され、子

どもたちが友だちと自由に参加します。

 学校正面では今年ふれあい田んぼでとれたもち米を使って、もちつき体験もできます。

また、体育館では、お母さんたちによる手作り品のバザーも同時開催されています。